FC2ブログ

燃える兄貴とやる夫!

ストーリーの盛り上がりが強いやる夫スレを中心に纏めていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(´・ω・`)「やきう食堂........?」ガラガラ

1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)10:05:53 ID:iNg

初夏の風が吹き抜ける農村。
刺さるような熱い日差しは、きうり農家を容赦なく襲った。

(´・ω・`)「ふう、きうりもう飽きたよ」グッタリ

(´・ω・`)「何年見続けてると思ってんだ、きうりなんてカスなんだよ」

とぼとぼと力なく歩く。
脳裏に浮かぶのは、きうり1色。
言うならば胡瓜1色(3.34翻)だ。

この男の頭はすでに狂っていた。



2: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)10:11:32 ID:iNg

(´・ω・`)「美味しいもの(きうり以外)食べたいなあ」

そんな男は古ぼけた食堂を見つけた。
なんか田舎によくある『ごはん』とだけ書かれた看板が大きく主張している、そんな食堂だ。
肝心の店名は、引き戸の横に添えるように書かれていた。

(´・ω・`)「『やきう食堂』........か」ガラガラ

引き戸をあけ、店内に一歩踏み入れる。
そこで異変に気付く。

糞の塗りたくられたテーブル、天井からはトイレットペーパーが垂れ下がっている。
床も異臭を放っており、脚を動かす度にヌチャヌチャと不快な音を立てる。

(´・ω・`;)「あ、入る所間違えたわ」


3: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)10:17:59 ID:iNg

慌てて店から出ようとする。
しかし、扉は動かない。

(´・ω・`)「やべぇよ........やべぇよ」ガチャガチャ

必死に扉を動かす。
しかし扉はうんともすんとも言わない。

そして、気付く。

扉の取っ手にも、糞が塗りたくられているのだ。


(´・ω・`;)「うげえええええええええええッ!!」ドシャアアアッ

飛び退こうとして、糞に脚を取られ転ぶ。
もう全身糞まみれだ。
この糞色の悪夢から逃れんと、必死にもがく原住民の耳に。


不意に足音が聞こえる。


4: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)10:21:08 ID:yYn

やめーや


7: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)10:24:24 ID:iNg

彡(^)(^)「ファーーーーwwwwwwwwwwwwwww」ドカドカ

店の奥から出でるは、全身裸の巨漢。
全身に糞を塗りたくったようで、黄色と茶色のコントラストが奏でられている。
さながら鍛え上げられた筋肉の溝に、糞という川が流れているよう。

(´・ω・`)「え、何お前........(困惑)」

彡(^)(^)「まさかこの店入るヤツおるとはなあwwwwwwこれは草不可避wwwwwwwww」

彡(^)(^)「ああ^~久しぶりの料理で腕がなるんじゃあ~」ジュコジュコ

床の糞を手で掬い、自らの一物に塗りたくっている。
『異常』だ。

(´・ω・`;)「え、いらないから、この扉あけてよ」

彡(^)(^)「なーに言うとんやこいつは、折角入った客を逃がすわけないやんけ!頭小久保か?」


14: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)10:30:40 ID:iNg

(´・ω・`;)「やだ、コイツ........助けて!ライダー助けて!」バッ

彡(●)(●)「誰が大声出していいって言ったオイオラァ!!!!(大声)」ガシャアアアン

糞の塗りたくられた食器を手当たり次第に投げ、原住民を威嚇する。

(´・ω・`;)「ひっ........ッ!!」ガタガタ

彡(●)(●)「食事食うときくらい静かにせんかこのカスゥー!」ガシャアアアン

(´・ω・`;)「う、うわあああ........」ガタガタ

彡(●)(●)「........」ゴゴゴゴゴ

彡(-)(-)


彡(^)(^)「さ、料理を続けますやで」ニッコリ


16: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)10:35:44 ID:iNg

(´・ω・`;)「やだよお、怖いよお........」ガタガタ

腰を抜かすも、出口の方にズリズリと這い寄る原住民。

彡(^)(^)「ファーーーーwwwwwwwwwこいつこの期に及んでまだ抵抗しようとしてるンゴwwwwwwwww草不可避ンゴwwwwwwwww」

彡(●)(●)「逃がすわけ無い言うたやんけ」ドカドカ

まるでナメクジのようなスピードで動く原住民とは対照的に、さながらランニングホームランを狙うかの如くスピードと殺気で原住民に迫るッ!!

原住民、絶対絶命ッ!!


18: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)10:36:33 ID:E27

彡(^)(^)「さ、料理を続けますやで」ニッコリ
イタリア料理店やってそう


19: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)10:43:40 ID:iNg

(´・ω・`;)「う、うわあああ、あああああああ!!」ガクガク

彡(●)(●)「先ずは下味や!この糞を腹一杯に詰め込んだるッ!!」ズリュウウウ

床の糞をすくいとり、もう材料は揃っているッ!!
『下味をつけられてしまう』ッ!!

(´・ω・`;)「ぼ、ぼくの側に近寄るなああーーーーッ!!」ガタガタ

彡(●)(●)「うっさいわカスゥー!」ズボボボボッ

抵抗むなしく、糞を詰められる原住民!!!!
床の糞を口に押し込められた後、店主のたて割れコーヒー豆アナルを口に押し付けられるッ!!
そしてッ!!

彡(^)(^)「 あああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!(ゲッチチヴォボボボボボボボボゲリュリュリュ、ヴォッゲゲゲゲゲリュリュリュリュリュリュリュリュリュリュリュリュリュリュ!!!!)」

(´;ω;`;)「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"ああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」ズロロロロロロロロオッ


今日のウンコは下痢気味ッ!!


20: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)10:53:59 ID:iNg

(´;ω;`)「お、おああ........うええ」グッタリ

彡(^)(^)「下味はつけ終わったンゴねぇ........次は調理や!油でカラッ!!と揚げるでッ!!」パチン

店主が指を鳴らすッ!!
それと共に、グツグツと煮えたぎる油がッ!!

(´;ω;`)「やだ!小生やだ!(精神崩壊)」

彡(●)(●)「ワハハハハハーッ!!美味しい味噌カツになるんやあああああああッ!!」ガシッ

原住民を掴みッ!!

彡(●)(●)「おらああああああっ!!」ブンッ

投げるッ!!!!
さながらチャップマンの如き豪速球ッ!!

(´;ω;`)「嫌だああ"あ"あ"あ"あ"ッ!!」ジュワアアアアッ

334度の油に揚げられ、身体中がやけつくような痛みッ!!
鼻から、耳から、毛穴からッ!!
熱い油が流れ込んでくるッ!!
まさに地獄ッ!!!!

;'´;ω;``;「あ"、あ........あ"あ"」ジュワアアアアッ

彡(^)(^)「これはうまそうだ(小並感)」


21: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)10:59:48 ID:iNg

カラッと揚がった原住民を一口サイズに切り分け、特製の味噌をかける。
香ばしい匂いが部屋に充満してああ~たまらねぇぜ。

彡(^)(^)「さて、出来た........」

『原住民の糞味噌カツ定食』ッ!!

彡(^)(^)「いただきますッ!!」パクー

サクサクとした衣に、濃厚な肉汁。
臭みのある肉だが、味噌の風味とあい味わい深くなっている。

彡(^)(^)「うん、おいしい!」

彡(^)(^)「噛めば噛むほど旨味の出る原住民の肉........OCです」モグモグ


税別9800円ッ!!
まさに高級料亭並の味ッ!!


22: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)11:01:22 ID:iNg

初夏の風が吹き抜ける農村。
一人の農夫が、行方不明になったらしい。


第893話『味噌カツ』


23: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)11:14:18 ID:rVS

後半のスピード感に草


24: 名無し 2016/06/16(木)11:35:38 ID:qH4



25: ■忍法帖【Lv=12,メタルキメラ,OoV】 2016/06/16(木)16:22:57 ID:zoX

これはまとめられる(確信)


26: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)16:32:38 ID:PYD

久々におんjで神スレ見たわ


28: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)16:38:42 ID:8fK

料理ssスレに一石投じる良スレ


29: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)16:38:52 ID:2Zb

汚すぎる、訴訟


31: 名無しさん@おーぷん 2016/06/18(土)23:40:30 ID:UMs

川辺食堂見てるか?これが愛されるSSの書き方や


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。